三十路的煩悩

chitachala.exblog.jp
ブログトップ

お肌のお薬

先週の土曜日、一週間後の診察に行ってきました。
この日も20人以上の方たちが待っていた。
診察室前の待ち合い室は8人くらいしか腰掛けるところがないので、
エレベータ前、同じ階に隣接している薬局前の椅子もいっぱい!
でーもー、やっぱり呼ばれるのは早かった。
診察券を出して3分くらいしたころ
「△△さーん、お入りくださーい」って。早い早ーい!

この日はまず赤外線治療から。
2分間赤外線に顔を当て、それが終わると、診察。
「どうですか?」と美馬先生
「だいぶブツブツはおさまってきました」と私。
「では今度は薬2週間ね」
これで終わり。。。
おそらく私みたいな吹き出物患者って多いんだろうなぁと思った。
味気ない診察なのだけど、吹き出物は治まり始めてきてるし。
もっのすごいひどい時期から比べたら全然良くなった。

今使ってる薬はこれ!
1)内服薬...1種類。毎朝晩食後にひと粒ずつ。
2)外用剤
・ニキビゲル・・洗顔後全体に塗る、化粧の上からはポイントで。(1日5回程)
・ニキビローション...吹き出物を治し、肌のぼこぼこをなめらかにする薬
・色消しクリーム(朝夜用)...吹き出物の色(色素沈着)をとる薬
・色消し軟膏(夜のみ)...吹き出物の色(色素沈着)をとる薬
f0048333_22525462.jpg

少し気になるのはしみ。
吹き出物が引いてきてわかったのだけど、
けっこう痕に残っちゃってるということ。。。
地道に続けて行くしかないなぁ。
がんばろ。
[PR]
# by huang37 | 2006-01-30 22:54 | お肌日記

御徒町から

今日は母と上野に昼食を食べに行った。
といっても、その帰りはきまって御徒町界隈をブラブラするですけどね(笑)。
そして行くところもだいたい決まっていまして。。

昼食→二木の菓子→吉池→アメ横のとあるお店→(多慶屋)→アブアブ→
わんちゃん店→アブアブ横の宝石店→お茶→松坂屋
といった感じ(^_^;)。

回る前後が変わっても、行くお店にあまり例外はないかなぁ。。。
二木の菓子→ここは立ち寄る程度。
吉池→買うものはだいたい決まってる。
切れ端の魚と、あおのり。
切れ端といっても日によってはよい場所のところだったりするから、
見のがせないのである。(今日はハズレ)
アメ横のとあるお店→1パック500円のうに。
アメ横にしては、新鮮でおいしい。
小ぶりではあるけど、けっこう身がしっかりしてて、
すっごく甘くて美味しかったのに、ここ1ヶ月は質が落ちてしまった。。。
(なので今日もハズレ)
アブアブ→さすがに三十路のアタシはここで洋服を買うことはなくなったけど、
なんとなくブラブラ。
わんちゃん店→アブアブからさほど遠くないところにここ半年くらい前かなぁ、
犬をはじめとするペットを販売してるお店ができたので、
ここも立ち寄るのです。
で、「キャー、かわいいー!」「つれて帰りたーい」とか言いながら、
心が和むひととき。
アブアブ横の宝石店→倒産したお店の見切り品が
数多く販売されているお店。
もちろん、一点ものが多く、気に入ってなおかつ自分に合う号数のリングが見つかることはなかなかないのよね。。。
お値段はたしか定価の3分の1、ないし4分の1くらいだったかしら?!
松坂屋→デザートを買って帰ったり、
食料品を買ったり。物産展が開催されていれば、そこをのぞくことも。
お茶→喫煙する母の為の一服時間。
お腹いっぱいでも、のど乾いてなくても一服時間は必ず2度3度はある。
もちろん喫煙席なわけで、たばこを吸わない私は煙りむんむんのところで、
ひたすら待つのだから辛いのです。。。

で、いつもと違うのは今日の帰り。
たまには自宅まで歩いて帰りますかね、ということになり
30分ちょっとくらいかしら?
いつもバスで素通りするところをゆっくり歩いて帰ってきました。
真珠[女乃]茶(パールミルクティー)ホットを買って!
不過太貴!日幣350。
台湾的話、只要25元!(90円くらい)而且真珠很多。。。

「本郷のかねやすまでは江戸のうち」
小学校の頃、社会科見学ってものがあったけど、
どこへ行って、どんなことを勉強したのかほとんど覚えていないけど、
バスガイドさんが話した「本郷のかねやすまでは江戸の内」と
「まいまいず井戸」っていう名所だけはいまだ頭の中に残ってる(^_^;)
ってことは、ウチはその昔江戸だったのねぇ。。。

自宅に帰ることは日も暮れて真っ暗。
たまにはこーゆーのもいいなぁ。
f0048333_20595271.jpg

[PR]
# by huang37 | 2006-01-29 21:10 | 週末散策

台湾の雑誌

台湾の友人が「表紙がかわいかったから」って雑誌を送ってくれた。
去年台湾に行った時、セブンイレブンにこの雑誌が陳列されてて、
私的に目がとまり、買ってその友人宅の家へ行ったら
彼女もこの雑誌の愛読者だった。
f0048333_16342039.jpg

私が台湾で暮らしている時は、
コンビニにこのようなデザイン雑誌が並ぶことはなかったし、
台湾に住んでたころは本屋への足も遠のいた。。。
というのも、私が本屋へ行く目的は、もちろんお目当ての雑誌購入!
ってこともあるのだけれど、それより雑誌紙面のデザインを見るために
行くことが多くて。
もちろんデザイン的にきれいだなぁと思うものはあったけど、
そのほとんどは海外からの輸入ものだったり、
日本の雑誌を買うにしても、1.5倍もしくは2倍近くもしたので、
めっきり遠のいてしまったというわけ。

目にするものに対する色意識だったりデザイン意識を
ものすごく重要視する私にとって、台湾はちょっと物足りなかったかなと。
もちろん広告に対する概念が台湾と日本では違うからなのかもしれないけど、
見せる工夫だったり、見て和むもの、求められる広告が
もっともっと浸透していったらなぁなんて考えることもあった。
だから、去年この雑誌を目にしたとき、
たかが雑誌されど雑誌だけど「あっ、変わってきた?」って感じたのよね。

まぁ、逆にいえばそういう台湾だからこそ、
Tシャツ販売してみようかなぁ、とか
デザイン学校立ち上げてみたいなぁとか、
ステーショナリーショップを開いてみたいなぁとか
考えることができたのかもしれないし。
いろんな意味で刺激がある街なのですよ。
[PR]
# by huang37 | 2006-01-28 16:36 | 關於台灣

去夜市時會想到NI

私は職業柄、勤務中もメッセンジャーを立ち上げているのだけど、
今日は珍しい人から声をかけられた。
台湾時代の室友(ルームメイト)である。
彼は、焼肉屋に勤務してるので、昼間でもたまーに上線してるのだけど、
ここしばらくはご無沙汰だった。
そんな彼から「最近どう?」って。

彼は、今お店立ち上げの為に一生懸命らしい。
どんなおコンセプトにしようか、どんな雰囲気にしようか等等、
意気込みを聞かせてくれた。
台湾は若い人が起業/副業を持つ人は少なくないのです。
私もそんな台湾パワーにあやかって、留学時代、Tシャツ販売をしたこともあったし。

台湾ってところは大学へ進学する前か、大学卒業後に
当兵(タンピン)といって、いわゆる徴兵令的な法の制度に縛られちゃっうのだけど、
彼はその当兵(タンピン)後数年、ずーっと底を這いずり回って
自分探しをしていただけに、やっとここへきて
一生懸命になれるものが見つかったようで、
自分のことのように嬉しかったし、私までもがエネルギーをもらった。
しかも、「もし時間があったら僕のお店の名刺をデザインしてほしい」
って元気の素までもらっちゃって。
嬉しーじゃなーい。
いいデザインを提供したいなぁ。

聊天は尽きなく、私達が住んでた師大路の話題に。
彼は節約のために、親戚の部屋を貸してもらっていて、
秦順街に引っ越しをしたそうで。。
秦順街は師大路から目と鼻の先で夜市にも徒歩数秒圏内。
その話の中で言ってくれた言葉というのがタイトルにもなっている
去夜市時會想到NI阿」(キミのことを思い出すよ)って言葉。
私の中でも鮮明にあの頃の思い出がよみがえっちゃって、
勤務中とはいえ、涙がポロリだったのよ。。。

ご存じかもしれないけど、台湾の夜は長ーい。
ちょっと小腹がすけば、夜中であろうと、
部屋着、スッピンのままスタスタ夜市へ出かけたし。
油物でもおかまいなし(笑)。
私以外の室友は焼肉屋でアルバイトしてて、下班(仕事終わり)はいつも夜中。
そんな彼、彼女らが外帯(テイクアウト)してきてくれたりもしたのです。
(でも不思議と太らない。。不思議)
彼からしたらたった1年の外国人との暮らしなんだろうけど、
私からすると後にも先にも経験しえない貴重ーなもの。
彼等と一緒に暮らしてたからこそ今の私の中文レベルがあると思うし。
感謝してもしきれない。
[PR]
# by huang37 | 2006-01-24 23:30 | 關於台灣

20代のころのアタシ

改めて20代を振り返ってちょっと整理!

20代の頃のアタシは今とくらべものにならないほど頑張ってた。
何に対しても。
いつも目的意識をもってて、何かに向かって頑張ってた。
短大を卒業して、お茶くみコピーの普通のOLになったときも、
いろんな知識を詰め込もうと努力してたし、
とーっても簡単な日々の業務だったけど、
いかに早くスムーズにやりこなすか考えてたし。
上司や先輩の機嫌が悪いのはどんな原因からなんだろう。。。とかとか(笑)
それらちっちゃい問題追求を日記に交えて日々つづったりもしてた。
かなり純だったアタシ。
職場の人間関係はとってーも恵まれてたんだけど、
午前中には1日の仕事が片付いちゃうほどの暇な職場だっただけに、
3年、5年後も変わらないだろうなと恐くなった。
行き場のない不安、怒りで毎日泣いてたっけ。。
もちろん上司に掛け合って異動依頼もしたけど、
金融業界のお堅ーい会社だっただけに、そんな希望も叶わず。。

その当時のアタシは間違いなくやりがいを求めてたんだよなぁ。
そんな思いもあって、OLと平行してDTPスクールに通ってて、
(この道はごくごく単純選択/もともといろいろと考えることが好きで、
それプラスお安い学費で学べて転職につなげられるもの
っていうのでDTPにたどり着いたわけ)
次のデザイン系会社へは未経験転職。
9時5時のお気楽OLから一転して毎日10時11時までの残業の日々。
でも楽しかったー。
先輩にも毎日ダメだしされてたけど、
日々得るものがあったし、日々新しいものが身についてたし、
ホント楽しかったのを覚えてる。
今の仕事でもこのころの技術は役立ってる。

でもでも。。。ここで社内恋愛をしてしまって、
結果失恋をして、今思えば辞めることもないのにと思うけど、
あのころのアタシはどうにもこうにも
続けることができなくなっちゃったんだなぁ。
初の大失恋の痛みだったのかも。
このことは当時の社長にもちゃんとお話をしたのよねー。
カメラマンでもある社長は、こんな退職理由を聞いて、
困ったもんだなぁ、って半あきれ状態だったけど(笑)。
でもそんなアタシに「キミってね、人を笑顔にさせる何かを持ってるんだよね
だからカメラアシスタントとして頑張ってもらおうと思ったのに」って。
この一言で失恋の悲しみがすこし癒えたっけ。。

あらあら、あっという間にこんな長々語っちゃった。。。
今日のとこは20代前半、としとこーかな。
[PR]
# by huang37 | 2006-01-23 22:59 | 雑記

好想去台灣。。。

最近考えることといえば、台湾台湾台湾。。。
台湾のことばかり。

なんでそんなに好きなの?
また台湾にいくの?
と、周りの友人からつっこまれることは多々。。。
去年も結局、3度も飛んでしまってるし。
日本に留学してる台湾の方よりもずっと台湾に行ってる気がする(笑)。
初台湾を経験してからもう8年ほどになるけど、
その熱はいまださめやまぬといった状況。

何がいいのかなぁ。。。
自分でも時々そう考えることもあるけどー。
今の私にとって台湾は、行くっていうより回去(帰る)って感じ。
あぁ、帰ってきたゾー、って。
旅行みたいに、どこそこ行くというよりは、
自分のお気に入り地方(場所)に行って心を和ませたり、
街を歩いてるだけで満足。
そのあいだあいだに、今となっては懐かしい仲間と聊天(おしゃべり)。
そんなんでエネルギーを吸収してる気になるんだよなぁ。
街に不思議なパワーが至る所で燻ってる感じ。

私は生まれも育ちも東京で、帰る田舎がないのだけど、
小さいころ周りの友だちとかは、
「田舎に帰るんだぁ〜」なんてはしゃぎながら
夏休みやお正月は田舎に帰省していて、とっても羨ましかったなー。
私の家族は夏休みなんかは決まってどこかへ車旅行。。。
まぁ、それはそれで楽しい思い出なんだけれど。
台湾ってとこはまさに、私にとって
その帰る故郷的感覚なのかも〜(笑)。
何かがあるのよね、何かが。
だから、自暴自棄になってる時だったり、
心を休めたいという時は、無性に好想去台湾(台湾に行きたーい)なのです。

そんな心持ちのせいか台湾暮らしの時は、
今あるこのひどーい吹き出物は一切なかった。
心が落ち着いてた証拠よね〜。

台湾を語り出すとホント止まらない(^_^;)
また日を改めて語ろーっと。
[PR]
# by huang37 | 2006-01-22 22:07 | 雑記

初ブログ

今日からスタート。
どちらかといえば、筆をとって文をたしなめる方が好きな私だけど、
今年こそは外にも内にも開放的に表へ出ていこうということで、
ブログを始めてみることにした。
なんだか緊張するなぁ。。。

文章の中にチョコチョコと中文(北京語)が突如表れることがあるかも。。
というのも、もう5年前にもなるのか。。。台湾留学をしてたからなのです。
でもそれが自然なカタチなのでご了承を(^_^;)

今日は東京にしちゃめずらしい大雪。
なのにもかかわらず、ここ半年ひどい吹き出物に悩まされている私は、
渋谷にある美馬皮膚科へ行ってきた。。
大雪だしけっこうすいてるだろうなぁと思いきや、
ものすごい人でごった返してた(*0*)
でも、診察までの待ち時間はあっという間、診察もあっという間だった。
ここの皮膚科は、WEB検索でどうやってたどりついたのかも忘れてしまったけど
名医として知られるところらしい。
美馬先生は私の顔を見るなり「おでこは白にきびだね、あごは〜」と、ボソボソ。。
聞き取れなかった。
飲み薬に、塗薬をいくつか処方してもらって、今晩からケアスタートだわ。

二十代半ばまでこの方、にきび、吹き出物等に悩まされたことはなかったのだけど、
台湾から帰国して、勤め始めてから出始めたブツブツ!
ここ半年にいたってはホントにすごいことになっちゃって。

今日もらったお薬はこれ!
f0048333_15233654.jpg

赤い入れ物は薬ではなくビタミンCローション。
これだけは保険がきかず3,000円とのこと。
安物の化粧水を使用してる私にはちょっと高いと思ったけど、
治すためには。。と思っていただいてきた。
お肌状況は随時お伝えしまーす。
[PR]
# by huang37 | 2006-01-21 15:35 | お肌日記