三十路的煩悩

chitachala.exblog.jp
ブログトップ

ベルン2004 vol.1

コペンハーゲンを後にしてアタシたちは先に経由してきた
チューリッヒに再び飛んだ。

そうそう、スイスの入出国の際、
スタンプ押してもらえなかった~。
「こにちわ!」なんてお声を掛けて頂いたのだが
ただパスポートをパラパラッと覗いただけで、そのまま返された。
スイスに行った足跡残らずといった感じ。。。
なんで、なんで??

まずアタシたちが向かったトコは↓
f0048333_22245740.jpg
                          ※ちなみにこちら帰りのチケット^^;



友人がどうしてもベルンの大聖堂に行きたい!
ということでデンマークに続き、ベルンに2泊、チューリッヒに1泊のスイス紀行^^
ベルンへはチューリッヒから電車で2,3時間ほど。
日本で言うと、京都にあたる古き良き街。
ベルン旧市街は世界文化遺産に登録されているそうだ。
しかもスイスの首都だってご存じでした?
アタシはてっきりジュネーブだと思ってました><
f0048333_2236085.jpg
                                        by m_i
友人が予約した宿は駅から更にバスを乗り継いでの場所。
ちょっとの不安はあったものの、それもまたスリルがあっていい感じだった。
バス停ごとに券売機が設置されていて、ココでチケットを購入。
f0048333_2238897.jpg
宿についた!
受付のマダムがステキだこと。
笑顔がアタシたちの疲れを和らいでくれたワ。
f0048333_22385587.jpg
宿にあるエレベーターは人が2人やっと乗れるくらいの引き戸式エレベーターだった*0*
歴史ある建物と共存しながらの暮らしだけあって、
エレベーターも後から増築されたものなんだろう。。。
リフォームっていうんで全改築といったことはしないのかもね。
しかも、「閉」ボタンがない!
ヨーロッパの方は時間に追われてないのね。
この時、ふと時間について考えちゃいましたよ。
これが時間のあるべき姿なんじゃないかって。
アタシはエレベーターに乗るとき絶対「閉」押してしまうし。。。
こんな自分がやるせない><
f0048333_22423727.jpg
部屋からの眺め。
住宅地にポツンとたたずむ宿だったので、外の眺めは一般居住宅。
f0048333_22563653.jpg
                                        by m_i
宿の前には小さなオフィスも。
なぁんかいいなぁ、こーゆー環境^^
f0048333_22584858.jpg
                                        by m_i
ベルンのシンボルは「熊」。
f0048333_2331820.jpg
なので、ベルンのナンバープレイともこんな感じ。
熊をモチーフにした州のマーク。(右)
f0048333_22524352.jpg

[PR]
by huang37 | 2006-09-20 22:46 | 海外散策