三十路的煩悩

chitachala.exblog.jp
ブログトップ

第五天 柬埔寨9/26 vol.2

f0048333_22105457.jpg
午後はアンコール・ワットへ再び^^



夜明けと白天のアンコール・ワットはやはり違うわね。
管理局の方たちをはじめ、ガイドさんや観光客に見守られてるって感じ。
お猿さんも人を恐れることなく、おこぼれを探してたよ^^
f0048333_22515523.jpg
午後の一大イベントは、アンコール・ワットに登ること!
見た目はさほど高くない。
でも見た目なんて当てにならんことをアタシはしってる><。
昔「タイ」に行ったとき、どっかの寺院に登ったことがあるが、
登りは下を見ずになんとか上がれるものの、
下りる時は「高所恐怖症」のアタシにとって地獄だった。。。
でも、こんな機会めったにめぐってくるもんじゃないし、
上から見下ろした景色は格別なんだろうなぁ、ってことで頑張って登ることにしたんです。
f0048333_2304954.jpg
その甲斐があったワ^^
アンコール・ワットへ行った際にはぜひ上へ。

ガイド「ワナ」さんの豆知識
なぜアンコール・ワットの方が有名なんだろう?という問いに、
「実は先にアンコール・ワットが造られ、それよりも大きい都を!ということで
後からトムが造られたのですが、アンコール・ワットの方が
全体的にキレイに残っているから
アンコール遺跡の代表として評されているんだと思います。」
ということだそうです。

アンコール・ワットのみ「西向き」で、他の遺跡は東向きだそうだ。
カンボジアでは西向きに寝ることはタブーとされいる。
日本は北向きはタブーですよね。
一説として、王様のお墓として建設したからという。
長い年月眠っていただけあって謎めいてますね。。。

その後、プノンバケンという丘に夕日を見にいったのですが、
この日はやっぱり曇り空で、夕日もお預けでした。。。
象さんに乗っていくのも乙なもんかしら、と思ったが、
15$という価格におののいてしまいました^^;
なにせ「タイ」に行ったときは確か80円くらいで乗った印象だったもんで。。。
でもけっこうな道のりだった。
f0048333_2325036.jpg
小石遊びしてたのかしら^^
f0048333_232912.jpg
夜は古典舞踊を見ながらの夕食。
踊り子さんたちのとびっきりの笑顔に、心が和んだ^^
f0048333_23321435.jpg
第五天 柬埔寨9/26 vol.3に続く
[PR]
by huang37 | 2006-10-18 23:20 | 海外散策