三十路的煩悩

chitachala.exblog.jp
ブログトップ

上海紀行4

次へ向かったところは、台湾時代の同学(同期生)が経営するお茶屋さん。
泰国的(タイの)同学が以前上海に行った時、お店に足を運んだらしく、
その彼女から住所を聞き、サプライズで行ってみようと思い、
住所をあてにお店へいってみたのです。
彼とは年に数回のメール交換をする程度なのだけれど、
こーゆー機会はめったにないし、
開店/結婚/子供の誕生、と
よい意味で激動の一年だったと新年に便りがきたので
せっかく上海にきたのだから、お会いしてこようと思ったんです。

そこはガイドブックにも載ってない場所で、
まさに現地の人たちの暮らしが垣間見れるような
住宅地の一角にたたずむ田子坊というミニミニショップ街。
そこに彼のお店はありました。
中国政府がその地域を活気づけようという思いから
経営者を募って、開拓されつつある場所のような感じも。

「臻茶林(zhen cha lin)」  廬湾区泰康路210巷13号
しかし。。。「他剛好回日本阿〜」って言われちゃいました(>_<)。
連絡しておくべきだったかしら。。日本に帰っているとは。
でもこれこそが旅の醍醐味。
住所を一つ一つクリアにしていって、
そこに近付くにつれて感じられるこのドキドキ感。
ホントたまりませーん。
しかも、ここを後にして大通りからタクシーに乗ろうと思い、
ブラブラ歩いていたところにあるお店を発見!
f0048333_19172825.jpg

上海比賀饅頭専売店
粽子(ちまき)好きの母は目ざとかった(笑)。
「あれなんかおいしそーよ」っていうので、ひとまず購入。
そしてまたまたその場で食し?
おいしー!!
粽子の具材が焼売の皮で包まれたモノ。
しかも1個/0.75元くらいだったような気が。
次の日帰国だったので、家に帰ったら冷凍だ。
ということで結局20個も買っちゃいました。
今も冷凍庫に眠ってます(笑)。
分店のようなので、至る所に点在するお店なんだろうなぁ。。
あぁ〜、でもホントおいしかった!

そして〜
いよいよ上海旅行も大詰め。
前日に見そこねたショップをもう少しゆっくり見たかったので
再び新天地へ。
足早にショップを回って、その後散歩気分で歩きながら上海商城劇院へ。
大通りから続く小道に進んでみるとこんな町並みにも出会いました。
f0048333_21112369.jpg

粽子を食べたり、甘栗を食べたり、
チョコチョコ間食してたので、夜は軽めに麺で。
注文したのはこちら!
f0048333_2115433.jpg

中国の人は麺だけ食べておつゆは飲まないんですって。
そーいえば、れんげがなかった。。
で、不思議だったのが蝦仁(海老)とチンゲンサイの炒めもの。
これはアタシがたのんだものなのだけれど、
なんとこれを麺の中に入れてたべるのだそうだ。
不思議な感覚。

そして上海商城劇院へ到着!
上海雑技団を観賞。
軟骨だらけなんじゃないの〜!ってくらいに
体がすごいことになってました。。
美/笑/楽がうまく混じりあって素晴らしいショーでした。

やはり自由旅行がいいなぁ。。
今度はどこ行こ〜(笑)。
[PR]
by huang37 | 2006-02-18 19:31 | 海外散策