三十路的煩悩

chitachala.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:海外散策( 42 )

ベルン2004 vol.1

コペンハーゲンを後にしてアタシたちは先に経由してきた
チューリッヒに再び飛んだ。

そうそう、スイスの入出国の際、
スタンプ押してもらえなかった~。
「こにちわ!」なんてお声を掛けて頂いたのだが
ただパスポートをパラパラッと覗いただけで、そのまま返された。
スイスに行った足跡残らずといった感じ。。。
なんで、なんで??

まずアタシたちが向かったトコは↓
f0048333_22245740.jpg
                          ※ちなみにこちら帰りのチケット^^;

More
[PR]
by huang37 | 2006-09-20 22:46 | 海外散策

マルモ2004 vol.1

マルモというところは電車にゆられ30分くらいのところ。。
f0048333_23213440.jpg


More
[PR]
by huang37 | 2006-09-19 23:41 | 海外散策

デンマーク2004 vol.4

今思えば3泊とも同じホテルでよかったのになぁ。。
何故かアタシ、もう少しお安いホテル(友人がYHはちょっと・・・ということで)をと思い、
2泊目,3泊目もこれまた市内で便利ではあるけど、もう少し駅から離れたトコのホテルへ。
でも、その甲斐あって散策地域も広がりそれはそれでよかったかなと思ってみたり^^
f0048333_222024.jpg
                                        by m_i
ホテルロビーにはこんなカワイイ便利なものが。
名刺サイズのショップ・観光地リスト^^裏にはちゃんと地図まで掲載!
f0048333_22421253.jpg


More
[PR]
by huang37 | 2006-09-18 22:23 | 海外散策

デンマーク2004 vol.3

まずはココから。
f0048333_2147973.jpg


More
[PR]
by huang37 | 2006-09-17 22:35 | 海外散策

デンマーク2004 vol.2

コペンハーゲン空港に到着したのは夜中の1時過ぎ。
ちゃんとホテルにたどり着けるのかが不安になってきたアタシたちだったが、
目に入ってくるモノすべてが新鮮で、疲れこそあったが気分は上々。
f0048333_22382834.jpg
                                        by m_i
空港のカート。
床はなんとフローリング!
色遣いといい、デザインといいものすごく温かさを感じる空港。

More
[PR]
by huang37 | 2006-09-16 23:06 | 海外散策

デンマーク2004 vol.1

スイスインターナショナル利用だったのだけれど、
JALとの共同運航便で機体はJALだった。
ビジネスクラスは日本の高年者夫婦ばかり*0*

そうよね、これはスイスに向け飛ぶのだもの、
アルプス登山といったら高年者ツアーの王道よね。
たて続きの不祥事は気になるものの、
お客様の顔ぶれを見て信頼度を実感。
アタシの安心ラインに到達しました^^
とはいっても、まずチューリッヒに向け10時間半のフライト。
長かった><
映画を5本近く観てましたわ。。。

乗り継ぎの為、チューリッヒで4時間の待ちぼうけ。
そしてデンマークへと再び飛んだ

はずだったのだが・・・
[PR]
by huang37 | 2006-09-15 23:48 | 海外散策

2年前の暑假

この時、アタシは入社したばかりだというのに、
「ぶち抜き一週間で夏休みをとっていいですよ~!(有給とは別扱い)」
ということで、せっかくだし遠くに飛んでみたくなったアタシ。

その頃タイミングよく、以前の同僚から
「どーしてもデンマークに行きたいの、行かない?」とお声がかかった。
それからアタシたちの下調べは急ピッチで始まった^^;

デンマークといえば、スカンジナビア航空かフィンランド航空かな?と思って調べたら、
原油高騰が始まりかけていた時期ということもあり、
チケットだけで10万の大台をはるかに超えてしまっていたのだ。
さすがにチケットだけに10万はいたいなぁと思って、別ルートで探すことに。
もちろん、安~い北回りだけは避けて^^;

で、一番手頃なものは香港経由のキャセイだった。
でも友人は予算をかなり高く見積もってたようで、
スカンジナビア航空でもいいかな、って。
現地集合でもよいかい?という話にもなったのだが、
もっといいルートはないかな?と探すに探して、こんなルートを発見!

More
[PR]
by huang37 | 2006-09-14 23:54 | 海外散策

上海紀行4

次へ向かったところは、台湾時代の同学(同期生)が経営するお茶屋さん。
泰国的(タイの)同学が以前上海に行った時、お店に足を運んだらしく、
その彼女から住所を聞き、サプライズで行ってみようと思い、
住所をあてにお店へいってみたのです。
彼とは年に数回のメール交換をする程度なのだけれど、
こーゆー機会はめったにないし、
開店/結婚/子供の誕生、と
よい意味で激動の一年だったと新年に便りがきたので
せっかく上海にきたのだから、お会いしてこようと思ったんです。

そこはガイドブックにも載ってない場所で、
まさに現地の人たちの暮らしが垣間見れるような
住宅地の一角にたたずむ田子坊というミニミニショップ街。
そこに彼のお店はありました。
中国政府がその地域を活気づけようという思いから
経営者を募って、開拓されつつある場所のような感じも。

「臻茶林(zhen cha lin)」  廬湾区泰康路210巷13号
しかし。。。「他剛好回日本阿〜」って言われちゃいました(>_<)。
連絡しておくべきだったかしら。。日本に帰っているとは。
でもこれこそが旅の醍醐味。
住所を一つ一つクリアにしていって、
そこに近付くにつれて感じられるこのドキドキ感。
ホントたまりませーん。
しかも、ここを後にして大通りからタクシーに乗ろうと思い、
ブラブラ歩いていたところにあるお店を発見!
f0048333_19172825.jpg

上海比賀饅頭専売店
粽子(ちまき)好きの母は目ざとかった(笑)。
「あれなんかおいしそーよ」っていうので、ひとまず購入。
そしてまたまたその場で食し?
おいしー!!
粽子の具材が焼売の皮で包まれたモノ。
しかも1個/0.75元くらいだったような気が。
次の日帰国だったので、家に帰ったら冷凍だ。
ということで結局20個も買っちゃいました。
今も冷凍庫に眠ってます(笑)。
分店のようなので、至る所に点在するお店なんだろうなぁ。。
あぁ〜、でもホントおいしかった!

そして〜
いよいよ上海旅行も大詰め。
前日に見そこねたショップをもう少しゆっくり見たかったので
再び新天地へ。
足早にショップを回って、その後散歩気分で歩きながら上海商城劇院へ。
大通りから続く小道に進んでみるとこんな町並みにも出会いました。
f0048333_21112369.jpg

粽子を食べたり、甘栗を食べたり、
チョコチョコ間食してたので、夜は軽めに麺で。
注文したのはこちら!
f0048333_2115433.jpg

中国の人は麺だけ食べておつゆは飲まないんですって。
そーいえば、れんげがなかった。。
で、不思議だったのが蝦仁(海老)とチンゲンサイの炒めもの。
これはアタシがたのんだものなのだけれど、
なんとこれを麺の中に入れてたべるのだそうだ。
不思議な感覚。

そして上海商城劇院へ到着!
上海雑技団を観賞。
軟骨だらけなんじゃないの〜!ってくらいに
体がすごいことになってました。。
美/笑/楽がうまく混じりあって素晴らしいショーでした。

やはり自由旅行がいいなぁ。。
今度はどこ行こ〜(笑)。
[PR]
by huang37 | 2006-02-18 19:31 | 海外散策

上海紀行3

第三天

この日はまるまる自由。
朝食をしっかりととって、スタミナを十分に摂取。
ちょっとヘンピな場所に位置するホテルだったので、
市内にいくにはタクシーのみ。。。
ちょっと緊張しつつも、多くを語らなければ、
日本人とは見破られないので「麻煩ni到人民広場站」と、ボソッと。

まずは南京東路から〜
f0048333_172165.jpg

全長1kmくらいのいまだ昔のたたずまいの中層ビルが立ち並ぶ
ショッピングストリート。
一歩小巷子に足を踏み入れると30年前くらいに
タイムスリップしたような、もっともっとレトロな雰囲気がひろがってました。
歩いてるだけで満足。
けっこう老舗の百貨店が並んでたみたいで、
どこのお店も乾物やら、お茶、お茶菓子といったものが揃っていて、
どこもかしこも人・人・人!さすが中国って感じ。

もちろんそんじょそこらの方たちより
とーっても買い物上手の母とアタシなので(?!)、
行きは値段を調査しつつ、帰りに検討!
そして持ち前の中国語(笑?)で中国人にも負けないくらいな値段交渉。
値段ってあるようでないですね〜。
「これはやられたなぁ〜」というものから
「これはけっこう得したんじゃな〜い」っていうものまで。。
母はけっこう満足していた様子(笑)。

そして地下鉄も乗ってみたーいってことで、
ひと駅だけではあったのですが、下一站の石門一路站へ。
ここはですね、ガイドブックでお薦めされてた
生煎包を食べたくて行って参りました!
生煎包の元祖として人気のお店だそうだ。
小楊生煎館 呉江路54号/60号 3元/4個
近くに分店まであって、どちらの店頭も長蛇の列。
f0048333_1283453.jpg

けっこういろんな意味で冒険好きではあるのだけれど、
中華料理の特徴である香草や八角が苦手なアタシは
食べ物の失敗は恐くって、まずは4個購入(笑)。
お皿にもりつける小姐の手際のよいこと。
無造作にアルミのお皿にサッサと盛り付けるんだけど
その場で食し、感動!おいしーのなんのって(>_<)
外はカリカリ香ばしく、中はジューシ肉汁がたっぷり。
焼いてないモノを買って帰りたかった(^_^;)
思わず再び4個、お夜食に買って帰っちゃいました!

上海紀行4へつづく
[PR]
by huang37 | 2006-02-18 01:44 | 海外散策

上海紀行2

「上海博物館」
アタシと母、共に歴史的モノには弱いため、
博物館鑑賞にとられた1時間半という時間はものすごい長かった。。
添乗員さんいわく、再入場できるということだったので、
一通りスルー同然ではあるけど、鑑賞を済ませ、
博物館近くの街中にくり出すことにした。
f0048333_22422543.jpg

博物館周辺は人民広場という人民憩いの場がひろがっていて、
5分くらい歩いたところに南京東路。
博物館鑑賞で1時間半は長いけれど、
やはりwindow shoppingとなるとアッという間だったりする。。
なので、明日の自由行動の為の下見といったところで、博物館へ戻った。

そして〜「新天地」
きれーに整備されていて、おしゃれなお店が立ち並ぶ
日本でいう代官山?いや、表参道?的な雰囲気あるところ。
アタシ的にはこーゆーモダンなところより
老街のような昔からたたずむ生活感溢れるところの方が魅力的かも。
もちろん、歩いていてとっても気持ちよいし、
上海らしさも感じられたけどね(^_^)。
f0048333_22573429.jpg


夜は上海蟹ディナー
ただでさえ魚だったり蟹だったりを食べるのが下手なアタシにとっては
上海蟹は小さすぎた(>_<)。
身を食べるというよりは、スースー蟹エキスを吸ったって感じ。。
そーそー、ひとりひとりに手洗い用の水が入ったガラスのお皿がおいてあった。
薄ーい茶色づいていて、酸っぱそうな香がした。
これは蟹の臭さをとるものなのだろうか。。
そーいえば、上海蟹をむさぼっていたら、
手がけっこうベトついたからそれを拭うものだったのかな?!
だったら普通の水でもよいしね。。
f0048333_23062.jpg

オス蟹とメス蟹1匹ずつだったみたい。
オスの方が美味しかった!気がする(^_^;)
他にも小吃が続々と運ばれてきて、満腹満腹。

上海紀行3に続く
[PR]
by huang37 | 2006-02-16 23:14 | 海外散策