人気ブログランキング |

三十路的煩悩

chitachala.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

勘弁してくれよ

ウチの父はホントマイペースな人間である。
思うがママにやってくタイプ。
ホント腹立つ。

チビ太がどんな病気なのか分かってるはずなのに
ちょっと調子が良くなって、自分になついてくるもんだから
おやつよりなにより好きなボール遊びでチビ太を
思いっきり走らせて遊んでたらしい。
そしたらまた足ビッコ引いてるって連絡が。
間接に炎症がおこってしまうとやっかいなのに。
何度いってもわからん。
ホントはお医者さんには「適度ある運動であれば大丈夫です」
とおっしゃっていただいたのだがその旨は父には伝えなかった。
父の考える適度はとんでもないと家族の誰もが分かっているから。

チビ太に対してでなく自分に対してもそう。
好きなものはとにかく食べて、嫌いなものは残す。
子供よりタチが悪い。
タバコも一日2箱以上、お酒も3合じゃきかんだろう、
油っこいもん好きで野菜嫌い。
思いっきりメタボもいいとこ。
今年初めに入院したのだが、「1週間の入院で酒が飲めなくなる」と
入院当日、お酒を口にして病院に向かったほど無謀な人だ。
家族の助言に本人は一向に聞く耳持たず。
ホント勘弁。
自分ならまだしも、話せないチビ太まで苦しませないでほしいもんだ。

明日の朝、回復してるかなぁ。。。
by huang37 | 2008-10-14 22:20 | チビ太

ニュージーランド

この前ニュージーランドにワーホリに行っている台湾の友達から
手紙とネックレスの贈り物が届いた。
彼女とは出会ってかれこれ7年。
早いなぁ。。。

そう、ニュージーランドといえば、
北京オリンピックの時にちょいと不思議に思ったことが。
選手入場の時の「新西蘭」というプレート。
まぎれもなくニュージーランドなんだけど、
アタシが知ってる中文表示は「紐西蘭」だったもんで。
あれれ?世界国名の中文表記って統一されてないん?とかって思った。

英語翻訳からするとニューですから「新」ってことなんでしょうけど、
ニューヨークは「紐約」だし。
「紐西蘭」は台湾でしか通用しないんかな?
他に中文表記が異なる国名ってあるんかな?
by huang37 | 2008-10-13 17:45 | 中文覚書

さーてっと

チビ太も幾分元気になってきたし、年もまたまた一つ重ねたことだし、
もう少し自分が楽しめる生活を送っていこうと考える今日この頃。

台湾時代の友人がこの度、ヒーリングライブのようなものを開く。
彼女はいつも何かに没頭してて、常に前に向かって進んでて、
そんな彼女からライブの知らせをもらって
この秋、アタシも重い腰を上げて何か新しいことに挑戦してみよっかなという気になった。
今でこそ、昔みたいなパワフルはないけど、
やっぱりいつでも何かを求める探求心・好奇心は忘れたくないなと
最近少し思い返せるようになってきた。

さーってと、何しよ。
by huang37 | 2008-10-13 17:38 | 雑記

元気です

ここ数日不調に落ち込むことなくすこぶる元気なチビ太である。
あまりはしゃぎすぎると、足の関節がコキッっとなってずっこけるチビ太。
ボール遊びをせがむけれど、噛み力がなくボールをくわえられないチビ太。
遊んでもらいたい一心で「僕おしっこするよ~」と
わざわざ人の顔みながら誇らしげにおしっこマットにいくチビ太。
少しずつ適度の運動だわ。
by huang37 | 2008-10-08 22:00 | チビ太

今度は手の関節か?

膠原病と断定されたわけではないけど、
リウマチ系症状というのは徐々に進行していく病らしいから、
もしかするとその関連なのかもしれない。。
ちょっと歩いて疲れると右前脚のつけねがやたら外側に出てしまっている。
痛そうではないけど、おそらく無意識のうちに
力が入ってないときは関節が外側に曲がり始めているのだろうか、それとも。。。
歩くときは痛みのない時はビッコもひかずに歩いてくれるからまだ安心なんだけど。

今日はやたらと元気で、ボールを見つけてきては人の顔をのぞきこんできた。
これくらい元気だといいんだけどな。。。

ステロイド投与のせいで食欲が存分にあるせいか、
一時期3,8キロだった体重も4,2キロまでに回復。
ただ、手足の筋肉が戻ってきてないのに、
これほどまで体重が急に戻ってきてしまうと
かえって手足の負担になるんではないかと心配になったり。。。
かといって、運動させるわけにもいかないし。

そして、擦り傷だったり、硬いもんを食べてできるちょっとした切り傷も厳禁。
血小板が少ないため万一血が止まらなくなっては大変ということで
お医者さんからも止められている。
なもんで、おなかばっかりが横へ横へ太っていくのに対し、
顎を使わず、吠えたりもしないからかな、
顔の筋肉がいまだ衰えたままで相当品祖な顔つきのチビ太である。

あしたの朝はどうかな。
by huang37 | 2008-10-05 23:21 | チビ太

バナナといえば。

巷ではやたらと品薄なバナナでありますが、
バナナといえば思い出すことが。

中学ん時の英語の先生、アキマーノ。
空姐あがりの日本人っぽくないとてもエキサイトしてた方で、
台湾中国の人たちのように、英語名とやらがあり(自己考案で)、
授業はその名で呼ばれておりました。

ちなみにアタシは「フランシス」。

今考えると、あれほどの異色先生が
よくあんな硬~い公立学校なんかにいたよなぁと思う。
授業はワンレングスをかき乱すくらいの勢いがあり、
いつでもエネルギッシュで、
いつ飛んでくるかわからん英語質問に恐怖さえ感じてたほど。

おそらくその当時40は過ぎているだろうに
やたらとミニワンピを身とっていて、
コツコツハイヒールが廊下にこだますること。。。
リーダー角のイケメンたちには目がなくて、
授業以外でもおおいにはしゃぎ、
ホントに先生かい?と疑うような黄色い声をしょっちゅう発してた。

そのアキマーノが「わたくしの朝はbanana and coffeeなのよ」とか
よく言ってたんだよね。
アメリカではそーいったものが多いとか。

なもんで、アタシの中ではバナナ=アキマーノであり、
バナナ話題となるとあの大口アキマーノの顔が今でも目に浮かぶ。
by huang37 | 2008-10-05 00:28 | 雑記

すこぶる調子ワル

一緒に付き添って病院に行ってきた。
待ってる時間の長いこと長いこと。

今回のクスリは効き目があったようだ><。
数値がだいぶ落ち着いてきたとのこと。
ただ、併発している膀胱炎の症状があまりよろしくないみたいで。
そのためのクスリを増やしますか?との問いかけに、渋ったアタシ。
これ以上クスリが増えるのはね~。。。
あまり大事には至ってないようだったので、次回まで様子を見ようということに。

今回落ち着いた数値はクスリを止めることにつながるというわけではなく、
今後もクスリ投与は必要で、このまま落ち着いた状態が続き、
徐々にクスリの量を減らしていく方向に向かえばよいねという話らしい。
まだ断定的な病因というものは聞いてないのだけれど、
おそらく「膠原病」ではないだろうかということだった。
ネットでいろいろと調べると、頭ん中でいろいろと悪い想像が巡ってしまうので
最近は辛抱してたのだが、やはり気になって調べてみた。

進行性のもので完治はしないらしい。
若ければ若いほど進行が速く、
早期に気づいて処置をしてあげる必要があるみたい。
以前かかってた街医者さんも結局1ヶ月半もの時間をかけて
ようやくこの病気関連の病因にたどりついたほど。
1年に1頭出会うか出会わないかの稀な病気だとも言ってた。

ただすべてが悪い方向に向かうわけではなく、
一時的におさまりまた数年後に再発ということになったりもするらしいし、
人それぞれ病因が同じでも病状が違うように
わんこ達の症状過程も異なるんだろう。

病院から帰ってきて疲れがどっと出てしまったのか、
またひとりでは立ち上がれないほどまでに病状が悪化し、
足がプルプル、見つめ攻撃するチビ太。
数値も安定したということもあり、
次回の診察は3週間後なのに大丈夫かな?と心配になるほど。

気長に戦ってなきゃね。
by huang37 | 2008-10-03 23:40 | チビ太

効いてるといいな。。

明日、1週間ぶりの検査通院。
クスリ効果等の診察へ。
今回のクスリが効いてくれてないと抗がん剤。
人間でさえ抗がん剤の副作用は相当なものだし、
健康な部分も抗がん剤にやられてしまう可能性もあるわけで。
せっかくおいしそうに食事をし、
少し体調がよいときは玄関まできてしっぽ振ってお出迎えしてくれて、
ボール遊びをせがむほどの今のチビ太の状態で
もう少し様子をみてほしいなと思うものの。。
大学病院ともなると、効果アリナシというのは数値判断のようでそうもいかなそ。

あぁ、落ち着かない。。。
最近少々調子のよかったチビ太だったが
晩になって思うように立ち歩きできなくなってしまった。
手足の肉球が気になる赤さをおびていて、
歩くときにビッコはその痛みからなのだろうか。
それとも関節炎からくる痛みなのだろうか。。。

ここ一週間は尿のキレも悪い。
いたるところに垂れ流してしまう場合もあり。
これはあまりよろしくない傾向みたい。
ただ、便はかろうじてきれいだから安心してもよいかな。

クスリ効いてますように。。。
by huang37 | 2008-10-02 23:37 | チビ太